億り人への挑戦!ビットコイン仮想通貨研究所~ぜろびっと

にわか仮想通貨投資家ぐるぐるの仮想通貨研究所。 ビットコイン相場の裏側を読み、今後を予想します。アルトコインや草コインにも投資中! 文系人間的な概念論で、仮想通貨を深く考えながら、分かりやすく仮想通貨を探求していきます。

2017年10月

草コインの星「モナーコイン(MONA)」

草コインは爆上げの魅力がいっぱい!

monacoin

●10月の草コインの星「モナーコイン(MONA)」

10月の草コインの星というと「モナーコイン(MONA)」ですね。
誕生は日本で有名なあの巨大掲示板2チャンネルで日本初の暗号通貨です。ライトコインを元に開発されました。なのでビットコインと同じく非中央集権のコインです。日本で生まれた仮想通貨で、かつカオスな2チャンネルがバックに控えているということで、モナーコインに強い愛着を持つ人が多いです。

●元々「モナーコイン(MONA)」は1円以下

元々、モナーコインは1円以下という草コイン中の草コインでした(今有名な多くのアルトコインがそうであるように)、一時期ホリエモンが保有しているというニュースが伝わると100円近くまで値上がりましたが、その後、特にニュースも無かったので1円以下に逆戻り、そして2017年の前半は40円程度でした。

●爆上げする「モナーコイン(MONA)」

10月1日の時点では50円です。それが10月13日に552円。再度下がるも10月24日に452円で、現在は346円ほどです。元が1円ですから、その時10万でも突っ込んでたら、最大5億円に化けたということになります。
きっかけは日本の大手取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」への上場でした。
また10月24日の高騰も韓国でカカオグループ運営の大手取引所「UPbit」が取り扱いを始めたことがきっかけでした。

●草コインの今後の傾向と対策

ぐるぐるは10月後半は先立つものもなく仕事が忙しくてこの波に乗れませんでいた^^;
ので、今回のモナーコインの爆上げから分かる草コインの今後の傾向と対策を練ることにしました。

●草コインはユーザーの愛着感で決まる?

モナーコインの爆上げのきっかけは日本の大手取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」への上場ですが、その前提として非常に愛着感のわくコインだったというのがあります。モナーコインは日本のコインなので分かりやすかったですが、やはり伸びる草コインは、コミュニティーや推進団体が活発だったりする必要があるようです。

●草コインは時価総額も大事

モナーコインの時価総額は94億円でした。「coincheck(コインチェック)」が扱っている主要なアルトコインも、時価総額的には100億円以上なことから、少なくとも100億円近くの時価総額のある草コイン以外は、まだ草の芽レベルだと考えていいようです。

●爆上げするきっかけは

大手取引所の上場、著名人が保有している、世界的な企業での採用、大手のファンドに組み込まれるなどがあるようですが、大手取引所の上場以外は偶然を狙うしかないので、注目すべきは大手取引所の上場、特に日本の大手取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」「coincheck(コインチェック)」の上場がきっかけになるケースが想定できるかなと思います。

●日本の大手取引所に上場する草コインは

実は金融庁がこの秋から、仮想通貨のホワイトリストを出すようになりました。日本の取引所はこのホワイトリストに載っている仮想通貨しか扱えないことから、ホワイトリストに掲載→大手取引所の上場というコースを取る形になります。

●日本の大手取引所に上場する草コインは

モナーコインの例を考えると、時価総額100億以上で、コミュニティや推進団体が活発な草コインを先回りして買っておくのが吉な用にも見えます。とはいえ、今は1500種類と言われている草コイン、それをつぶさに当たっていかなければならないのですが、ま、それも草コインならではの楽しみ方と言えるかもしれません。




仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン相場を乗り切る考え方

ビットコインは嵐の前の静けさか?

33092d14a581b12e05567cbc3d65e440_s

●ビットコインゴールド(BTG)の興奮冷めやらぬ?間に

ビットコインシルバー(BTSI)の噂が出てきました。12月にもハードウォークを起こして、ビットコイン(BTC)から分岐させるそうです。まだ情報としては出たばかりなので分かりませんが、中身はビットコインゴールド(BTG)とそう変わらないようです。

●ビットコイン(BTC)の保持者は永遠に分岐コインが貰える?

ビットコインゴールド(BTG)が詐欺かもしれないという懸念がぬぐえないまま、ただビットコイン自体の価値が落ちずに、こうもハードウォークが続くと、ビットコイン(BTC)の保持者は永遠に分岐するコインをもらい続け、無から有の価値が次々と生み出されていくと、さすがに仮想通貨は時代の流れで、かつビットコイン(BTC)は仮想通貨決済手段の王様であっても、いつかはこの現象がバブルとなり弾けるのではないかと懸念します。

●Segwit2x問題

そもそも、その前の大問題が、以前から出ているSegwit2x問題で、旧来のビットコインをブロックサイズの問題でSegwit1xとすると、11月15日ごろにハードウォーク予定のものがSegwit2xで、これはビットコインのスケーラビリティ問題を解決する手段として、データサイズの縮小とブロックサイズの拡大(1MB→2MB)を行い解決を図るもので、多数の取引所がその手段を支持しているというものです。
ただSegwit2xはまだ技術的に難があるとされていて、本当に大丈夫なのか?という懸念が広がりつつあります。

●ビットコイン(BTC)の弟子が増え続ける?

テクニカルな問題は多々あれ、決済手段としてのビットコイン(BTC)から、弟子がわんさか生まれる状況を否定的に見る人は多いです。弟子がバグだらけだったら決済手段として使い物にならないどころか、ビットコイン(BTC)のネットワーク自体に不利な現象を与え価値を毀損するからです。

●避難先はビットコインキャッシュ(BCH)?

一部には、ビットコインの混乱を予測して、ビットコインキャッシュ(BCH)に避難させておく動きがあるようです。ビットコインキャッシュ(BCH)は、一番初めに本家ビットコインから分岐したコインで、リプレイプロテクションも実装済み、テクニカルな問題も起きていないので安定通貨としてはこちらの方がいいのではという考え方です。
分岐後、地味な存在だったので価格が下落一方でしたが、ここにきて少しずつ相場を回復させているようです。

●ビットコイン相場はこうしよう!


・ビットコイン(BTC)は保持

多少危険度はあれビットコイン(BTC)を保持しておけば分岐通貨がもらえる

・ビットコインキャッシュ(BCH)は買い

ビットコインキャッシュ(BCH)は相場が下がり切っているので、今買えば、混乱が落ち着くまでは上昇する

・ビットコイン(BTC)のパニック売りに備える

仮にビットコイン(BTC)にテクニカル問題が起きて暴落した時、今回の問題は従来とは違う種類の問題が襲うので、価値が半値くらいになるパニック売りが出ると思われます。しかしよく考えると、テクニカル問題が起きたのは、分岐したビットコイン(BTC)の弟子の方で、その余波を親のビットコイン(BTC)が受けているだけなので、ビットコイン(BTC)自体の問題ではないので、早晩、相場が回復すると思われるので、いつでも相場が急落した時に、ビットコイン(BTC)を買い増しできるように備えておくことが良いかと思います。

というわけで、さえないアルトコイン相場をしり目に、ビットコイン一家の回りからしばらく目が離せない時期のようです。




仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインゴールド(BTG)誕生!

BTGは本物か詐欺か?

5ae7058e53b8ae80b03708275b04d6a6_s

●ビットコインゴールド(BTG)が誕生したが・・・

ビットコインゴールド(BTG)は、ビットコインがブロック491407に達した時点で分岐を行う予定だったので、10月24日10時過ぎくらいに、目標ブロックに達してビットコインゴールドの分岐が行われました。
これで11月1日以降、ブロック491407に達した時点でビットコインを保持していた人に、ビットコインゴールド(BTG)が付与される予定となっています。

●現時点では詐欺の可能性が高いかも?

しかしどうもこのビットコインゴールド(BTG)が怪しいという情報が絶えません。

・ビットコインゴールド(BTG)は運営側ですでに20万採掘済み

ビットコイン持ってなくて、事前に20万採掘するってズルくない?ということです。

・リプレイプロテクションが未実装


・コードテスティングに懸念がある

Bittrex(世界第三位の仮想通貨取引所)は、ビットコインゴールド(BTG)の上場・取引は行わないと発表しました。前述のリプレイプロテクションが未実装に加え、テスト用のコードも公開されていないなど、不透明な部分が大きいためのようです。

●その時、ビットコインの相場は?

ビットコインゴールド(BTG)の分岐後、ビットコイン自体の相場は一時的にですが急落しました。付与直前が1ビットコイン=70万円が、1ビットコイン=60万円への急落です。が、現時点では1ビットコイン=65万円まで回復しました。

●もしビットコインゴールド(BTG)が詐欺グループならば

8月のビットコインキャッシュの分裂が、事前予想に反してその後、両コインとも高騰したので、今回もビットコインゴールド(BTG)の誕生で、おまけコインがもらえてラッキー!的なムードが広がりました。しかしビットコインゴールド(BTG)を主導していたグループが、この間のビットコイン自体の相場を読んで売買を行い、さらに事前採掘したビットコインゴールド(BTG)20万を、11月以降、取り扱う取引所でビットコインにガンガン戻した場合、大がかりなビットコイン詐欺事件になる可能性が無きにしも非ずです。
もともと詐欺グループは、ビットコインゴールド(BTG)の価値なんてどうでもよくて、だからテクニカル的に危うく、テストコードも公開せず、詐欺なので詐欺った後は、後は野となれ山となれ・・・的な考え方をもししていたら大変なことになります。
今はまだその可能性を排除できない段階です。

●仮想通貨市場はまだまだ未成熟だからこそ

仮想通貨はこのようにまだ未成熟部分も多々あります。
しかし、もし仮にここでビットコインゴールド(BTG)が詐欺だったとしても、そういう事例として記憶され、次回以降は同じ過ちを繰り返さない糧となるでしょう。
なので、もし11月以降、ビットコインゴールド(BTG)が詐欺!だったとして、特段驚かず、粛々と、むしろ前より健全化して仮想通貨市場は保たれていくと思います。




仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインを襲う2つの荒波

危うしビットコイン!


87a78cf56392c8ed345b14f05ef711cb_s

●1ビットコイン70万円台を超えたが・・

ビットコインが高騰して、ついに1ビットコイン70万円台を超えるタイミングも出てきました。
これは、2017年10月25日に予定しているビットコインハードフォークのビットコーンゴールド(BTG)付与に対する期待感が表れているのかと思います。
日本の取引所でも、

・ビットコインゴールドの付与を行う

(ただし、サービスの安定や顧客の資産が損なわれないと判断された場合)
coincheck、bitFlyer

・ビットコインゴールドの付与を現時点では行わない

Zaif、bitbank.cc

などと対応が分かれています。

●リプレイ攻撃に対する保護が不十分?

というのは、どうもこのビットコーンゴールド(BTG)、一部の識者から「リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある」との指摘があり、正確なところはよくわからないからになるようです。

引用仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」が10月25日に再び分裂し、新通貨「Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)」が誕生する可能性が高まっている。その際サイバー攻撃に対する懸念があるとして、仮想通貨と現実の通貨の交換などを手掛ける取引所が警戒している。
(中略)
前回の分裂で誕生したBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)についても一時取沙汰があったが、結局大きな問題は起きなかった。しかしZaifではビットコインゴールドについて慎重な姿勢を示している。
というわけで、取引所によっては大分警戒心が強いようです。

●Segwit2xハードフォークはもっとヤバい?

またそれ以上に警戒されているのが、2017年11月19日に予定されているSegwit2xハードフォークで、こちらは、Segwit2x側が、本家ビットコインを乗っ取ってしまうかもしれないという強烈なもの。
通常は仮想通貨が分裂する時、リプレイアタックというのを避けるための方策であるリプレイプロテクション(分裂した2つのブロックチェーンが交わることの無いように防御する仕組み)がなされているのですが、Segwit2xはそれがなされていないので、最悪、ネット上の攻撃者の意図により、本家ビットコインとSegwit2xが混在してしまい価値を大きく毀損してしまうということです。

ビットコーンゴールド(BTG)に関しては、各取引所の対応が出そろいましたが、大問題のSegwit2xに関しては、まだ各取引所は対応を決めていません。

●ビットコインのこれからはどうなる?


ビットコインは1ビットコイン70万円台を超えそうな勢いですが、まだまだこのようなテクニカル的に危険な状態にさらわれている側面もあり、仮想通貨は必ず発達するとはいえ、大きな危うい面も抱えている状況も見て取れます。なので過剰な投資は控えたほうがいいと思います。



仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

紙幣や貨幣が無くなる日

法定通貨が無くなる?



9d5e23dd7067e5b03cf543ceea923d37_s

●仮想通貨の流れが止まらない

世界的な仮想通貨への流れは止められないようです。

今年、瞬殺の大規制で、仮想通貨相場に大影響を与えた中国でも、中国独自の暗号通貨構想が議論されています。また一次的に閉鎖された仮想通貨の取引所も許可制で復活するようです(ただし、人民元との取引はNG)

ロシアは、クリプトルーブルという名前を付けて仮想通貨を発行するようです。


引用ビットコインやイーサリアムを中心とする仮想通貨が用いる「ブロックチェーン」の技術を用いた通貨「CryptoRuble」(クリプトルーブル)がロシア政府公認のうえで誕生しようとしています。
ロシアの現地メディアが報じたところによると、ロシアのプーチン大統領は非公開の政府閣僚会議の中でクリプトルーブルの発行を決定したとのこと。この内容は、通信情報大臣のニコライ・ニキフォロフ氏によって明らかにされたと報じられています。
ロシアはこれまで、他の多くの国と同様に仮想通貨に対しては否定的な立場を示してきていました。しかし2017年夏頃からは、政府内で独自の仮想通貨を導入することが検討されているという臆測が飛び交っていたとのこと。そして今回、正式に導入が発表されたということになるのですが、ロシアが導入する「クリプトルーブル」は、ビットコインなどの仮想通貨とは似て非なる部分がいくつもあるといいます。

つい先日は、ドバイが政府発行の「emCash」という独自の仮想通貨の発表を行いました。

●日本はすでに仮想通貨大国!?

日本も「Zen」「Sコイン」など日本円と連動する仮想通貨が動き始めています。


引用Zenは、円(Yen)の一歩先を行く仮想通貨として名付けられ、一般的な仮想通貨のようにインターネット上で取引可能。日本円と高い為替連動性を保持することができる。Zenの発行主体はブロックチェーン推進協会で、同協会の業務委託を受けた各参加取引所が発行依頼者にZenの発行を実施することになる。


引用SBIホールディングスは独自の仮想通貨「Sコイン」を新たに発行し、小売店舗などでの消費者の決済手段として普及を目指す。独自の決済基盤システムを開発することで、送金コストをほぼゼロにするほか、決済代金の即日現金化などを可能にする。店舗側の決済コストを抑え、決済を目的とした利用者を増やす狙い。

実はすでにスウェーデン国民の現金使用率はすでにたったの6%と言われています。

ビットコインを中心とした本家の仮想通貨と共に、法定通貨もまた仮想通貨化が急速に進み、近い将来は紙幣や貨幣が無くなってしまうかもしれません。




仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
↑仮想通貨、始めるなら「コインチェック」。セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。スマホアプリでサクサク簡単。
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
↑国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」。ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
リンク

↑買い物するなら「楽天」がお得!
参加ブログ

↑有名ブロガーも多数「ビットコイン」ブログ!


にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ オルトコインへ
にほんブログ村
↑カテゴリー別に「仮想通貨」ブログをチェック!
ビットコインアンケート