億り人への挑戦!ビットコイン仮想通貨研究所~ぜろびっと

にわか仮想通貨投資家ぐるぐるの仮想通貨研究所。 ビットコイン相場の裏側を読み、今後を予想します。アルトコインや草コインにも投資中! 文系人間的な概念論で、仮想通貨を深く考えながら、分かりやすく仮想通貨を探求していきます。

2017年10月

地味に進化するリップル(XRP)

リップル地味に進化中!

download

●ブリッジ通貨のリップル(XRP)

リップル(XRP)が地味に進化をしているようです。

引用リップル社によれば、メキシコの金融機関Cuallix社がリップルのXRPを経由して米国—メキシコ間の国際送金を成功させたという。XRPを利用した金融機関による国際間の実送金の第一弾となる。

XRPがブリッジ通貨として入って、実際の現金(USDとメキシコのペソ)の実送金を成功させたようです。

地味なニュースなのであまり取り上げられていませんでしたが、ビットコインとは異にして、リップル(XRP)が存在感を増す地位になっていっているんじゃないかなと考えます。

そういえば、9月後半くらいから、ビットコインの相場の動きと、リップルの相場の動きがあまり連動しないようになってきた気がします。

●与沢翼氏が1億円を投資

以前、ドバイの投資家の与沢翼氏がリップルに1億円投資したという話題がありましたが、氏いわく、ビットコインとアルトコインが連動しなくなった時が、そのアルトコインが仮想通貨としての真の実力を発揮する時であり、大きく成長する時期であるとコメントされていたかと思い、少しづつその兆しが見えているのかなと思いました。

●リップルのカンファレンスが始まります。

16日から3日間は、「SWELL」というリップルに関するカンファレンスが開かれます。
徐々にリップル(XRP)が、独自の地位を築き始める節目になるのではないかなと思います。

●でも爆上げはもう少しかかるかな?

「SWELL」で大きな動きがあれば、爆上げの可能性も・・・ただ冷静に見ると、リップル(XRP)が動きの遅い世界中の金融機関との連携が必要なので、爆上げはもう少しかかるかなと思っています。

が、余裕のある時は、是非、買い増しておきたいアルトコインです。




仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインのハードフォーク問題

危険なハードフォーク

999342d2ed02454e5f872c209bb611ee_s

●ハードフォークしてもビットコインの価値は下がらない!

ビットコインが55万円台に乗りつつある今、ビットコインのハードフォーク問題が注目されています。

ハードフォークとは、その仮想通貨が取引量の増加によりスケーラビリティ問題が発生した際に、新しいルールを設定して解決を計る方法で、旧ルールの仕様と互換性を保つソフトフォークに対して、旧ルールとの互換性を断つことで解決させる方法のことを言います。

●かつてはビットコインキャッシュ(BCH)が誕生

過去の事例では2017年8月1日に誕生したビットコインキャッシュ(BCH)があります。

ハードフォークを行うと、旧来からのビットコインと、ビットコインの改良版のコインが誕生しますが、そのどちらが市場の支持を受けるかは分からない状況となります。
何故なら旧来からのビットコインはある意味、信用を毀損することになり、ビットコインの改良版コインは、改良版と言いつつそれはアルトコインであり、今や多数の草コインに埋もれていく一つになるかもしれないからです。

●ハードフォークが流行する?

ところが8月1日に誕生したビットコインキャッシュ(BCH)が、旧来のビットコインの価値はそのままで、ビットコインキャッシュも大幅な価値を持ったことから、にわかにビットコインのハードフォークばやりになるのではないかと危惧されています。

これは仮想通貨の中でも、特に中央集権システムを持たないビットコインには付きまとう問題ではないかと思っています。

●ビットコインゴールドやSegWit2x(B2X)は生まれるか?

ビットコインの問題解決を、マイナーの多数派や大手の取引所が左右するのは仕方がないことで、今現在、10月25日にリリースされるビットコインゴールドや、議論紛糾中のSegWit2x(B2X)、そして今後も多数の改良版が登場すると思います。

●市場はどうなる?

そんな中、ビットコイン自体の価値はどうなるのか?
改良版は市場の支持を受け続けるのか?
が注目されています。

ぐるぐるが考えるに、短期的には下がることがあってもビットコイン自体の価値は失われず、1・2年後には1ビットコイン100万円台へ、改良版は今後も生まれるだろうけど、10~20ほど誕生したら、その後のものは価値を持たなくなるだろうと思っています。

反対に言うと、もう今年前半のようなビットコインの価値が数倍も跳ね上がることは無く、数倍も跳ね上がるのは主要なアルトコインの中で独自の特徴を持ったもの、投機的に跳ね上がるのは可能性は数パーセントだが草コインの中に埋もれているのではと思っています。

さてそんな視点でポートフォリオを組みなおしますか!


仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨は本物か?

ビットコインの作る未来

46c74839b80eeef665e4aea59b74dc8d_s

●米金融大手ゴールドマン・サックスの見解

米金融大手ゴールドマン・サックスのCEOがビットコインに前向きな発言をしたことが話題になっています。


引用
Still thinking about #Bitcoin. No conclusion - not endorsing/rejecting. Know that folks also were skeptical when paper money displaced gold.

「ビットコインについてはまだ結論が出ていない」としながらも「紙幣が金に取って代わった時も人々は懐疑的だったことも気に留めておくべきだ」と、仮想通貨に可能性を感じているようです。

●金本位制すら、たかだか100年の歴史

今までブログで長いこと書いてきましたが、人類が金本位制をやめたのはたかだか100年ほどで、それまではいつでも金に交換できるという価値が法定通貨を支えていて、逆にそれが無いと法定通貨は信用を得なかった時代があったので、仮想通貨が同じような現象を起こす可能性を秘めている可能性があることを、示唆する発言のようです。

ぐるぐるとしては自説が肯定されたようでうれしい限りです!

●仮想通貨が投資家のポートフォリオに

海外ではちらほら投資家のポートフォリオや先物にビットコインが組み入れられるケースが出てきたりしているので、仮想通貨が本格的に立ち上がる時期はまだまだこれからで、今年の荒れる相場は、最初の揺り戻しなんじゃないかなと思っています。

●歩みだす仮想通貨の歴史

歴史の本を読むと、1800年代後半から1900年代初期のころは、海外貿易が盛んになり、通貨が自国を超えて価値を運ぶ時代になった時、沢山の混乱に見舞われ、場合によっては戦争や国家の破綻などを引き起こした時代でもあり、それを乗り越えて今の法定通貨が作られたのと同じように、仮想通貨もまた、国家のインフレや破綻(シリアのような)を乗り越える存在として、徐々に安定したものになっていくのではないかなと考えています。


仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨に付きまとう詐欺

仮想通貨は詐欺か?

59a3b674a312a795f266f23cc359f884_s

●ビットコイン詐欺とは

仮想通貨に対するネガティブな印象の中に、詐欺なのでは?というイメージがあります。

⇒仮想通貨 トラブル急増 
ネット上に700種以上 「必ず値上がり」高齢者勧誘/日経新聞

引用
インターネット上で流通する「仮想通貨」の購入を巡る被害相談が増えている。「必ず値上がりする」と勧誘され、仕組みを理解しないまま高額を支払った高齢者からの相談が目立つ。取引所もなく、売却もできない通貨の購入を持ちかけられる被害も出ている。

●ビットコイン×ネットワークビジネス

「HYIP」なるビットコインとネットワークビジネスを掛けた詐欺もあったようで


「HYIP」が大学生の間に広まったとのニュースがあります。

●儲け話を人に教えるわけがない。

そもそも根本的に思うのですが、儲け話を他人に教える必要がどこにあるのでしょうか?という小学生でも分かることにどうして気づかないのでしょうか?

確実に儲かることなら人に教えず自分でやればいいのです。
人に教えるということは、ウソかリスクがあるかのどちらかです。

株の配当などは、その会社がつぶれたり業績が悪化すれば、元本割れするリスクがあるからこそ、そのリスクを承知で投資してくれた人へのお礼として配当があります。

●儲け話は、その辺には落ちていない。

ビットコインは、なんだかよくわからないけど高騰して凄いことになっているらしい。それを安定的に儲けられる手段の高配当プログラムですなんて、ビットコインの知識が少しあれば、アホか!の一言で片づけられる詐欺です。

皆さんお気をつけて
ちゃんと自分で勉強しながら地道に取引所で危なくない範囲で投資するのが一番です。


仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

10月の仮想通貨市場は?

さてどう張りましょうか?

87a78cf56392c8ed345b14f05ef711cb_s

●ビットコイン大台回復目前へ

10月1日を迎えビットコインは、50万円の大台回復の目前に迫っています。
com_ja_exchange_p1
com_ja_exchange_p2
9月は中国問題に振り回された月となりました。
昨日も韓国の金融当局がICOと証拠金取引を禁止するニュースが入ってきましたが、影響は限定的で相場にはさほど影響がなかったようです。

●10月は上昇傾向?

10月はビットコインも55万円突破という最高値を更新するのではないでしょうか。

仮想通貨へのネガティブなニュースは、今後も入ってくると思いますが、9月危機を乗り越えた仮想通貨は、もはや少々のネガティブニュース位では暴落しないような気がします

●ビットコインに忍び寄る影

ただ、じゃあビットコイン自体が、例えば目指せ100万円とかはならないような気がして、以前のブログで書いたSegWit2x問題が重しとなって、年内に60万円、70万円は行くかもしれないけど、それ以上は行かない気がしています。

●アルトコインと草コインは?

対して主要アルトコインの採用する取引所が膨らんだりして、面白い展開をするのは主要アルトコインの何かかと思います

また爆上げ期待の草コインもギャンブル的な面白さはあると思います。
消滅する草コインも増えて選別されていくとは思いますが。

●仮想通貨の狙い目は?

手堅くいくならビットコイン
ちょっと冒険するなら主要アルトコインを狙い
ギャンブルに行くなら草コイン狙いでどうでしょうか?

ぐるぐるは
ビットコイン:3
主要アルトコイン:6
草コイン:1

位の割合で張っています。



仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
↑仮想通貨、始めるなら「コインチェック」。セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。スマホアプリでサクサク簡単。
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
↑国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」。ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
リンク

↑買い物するなら「楽天」がお得!
参加ブログ

↑有名ブロガーも多数「ビットコイン」ブログ!


にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ オルトコインへ
にほんブログ村
↑カテゴリー別に「仮想通貨」ブログをチェック!
ビットコインアンケート