ブロックチェーンの概念

3625c0da7036f87ccea3e9f5da93a790_s

●ブロックチェーンを一言でいうと

ビットコインと言うとブロックチェーンの技術が・・・というのはよく聞きますが、そのブロックチェーンとは何なのでしょうか?

ブロックチェーンを一言でいうと、デジタル化され鎖でつながれた取引履歴です。

●全世界のコンピュータをチェーン状に繋げること

ビットコインを、Aというアドレスから、Bというアドレスに送ったということが記録されている履歴(データベース)で、そのデータは一つの場所に保存されているのではなく、ビットコインのネットワークに参加している全世界のコンピュータに分散・保存されています。

取引記録(トランザクション)を一つのブロックにまとめて、そのブロックをチェーン(鎖)のようにつなげて保存したものになるためブロックチェーンと言われます。

全世界のコンピュータをチェーン状に繋げることによって、データ変更・改ざんすることが実質不可能になります。

●ハッシュ値という概念

さて先ほどのチェーン状に繋げるということはどういうことでしょうか?
単に取引のデータを保存しているだけではデータベースとされただけで、チェーン状に繋げるという行為にはなっていません。

ここで登場するのがハッシュ値という概念です。
ハッシュ値とは、任意のデータを変換後、必ず一定の長さのデータになる値です。

元となるデータを少しでも変更すると、変換後のハッシュ値は全く違ったデータになります。
この特徴を利用して、一つ前のブロックのハッシュ値を次のブロックの中に含めてチェーン状に繋げることで、取引記録の改ざんを防ぎます。

●改ざん防止の画期的な技術

つまり、あるブロック内のデータを一つでも改ざんすると、その後の全てのブロックのデータが変更されるので、改ざんが行われたことがすぐにわかります。

このブロックチェーンの情報は、全ての人に公開されて、だれでも見ることができるため、よって改ざん防止に繋がるということになります。

●ビットコインは概念的にはマネーロンダリングには使えない

よく仮想通貨はマネーロンダリングの温床になると言われますが、このブロックチェーンの技術を使用している仮想通貨は、すべての取引が公開されているので、マネーロンダリングに使うには、ただ単に仮想通貨にすればいいわけではないので、これだけでマネーロンダリングの温床になるとは言えないです。




仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で