生活のための仮想通貨

785ba0893bad370e732102282bce977b_s


●ハイパーインフレ中のベネズエラの仮想通貨事情

ベネズエラがハイパーインフレ中で、年間のインフレ率は1600%に達するそうです。

引用
ベネズエラではハイパーインフレがこれまでになく悪化し、生活必需品や食料などの物価が高騰している。ビックマックは半月分の給料に値する。年間のインフレ率は1,600%に達すると予想されている。この状況を生き抜くため人々はビットコインマイニングを始めているというレポートが発表された。

●生き残りのために仮想通貨をマイニング

そのためビットコインやイーサリウムのマイニングをしたり、

引用
ハイパーインフレーションに苦しむベネズエラにおいて、ビットコインを稼ぐためにオンラインゲーム、Runescapeをプレイしているユーザーが存在している。これらのユーザーはゲーム内で獲得したゴールドをビットコインに換金し、生活費に充てる。Runescapeは2001年よりサービス開始した老舗MMORPGで、全世界で2億以上の登録アカウント数を誇る。
Runescapeのプレイヤーはゲーム内の敵を倒すことで、Runescapeゴールドを手に入れることができる。難易度の高いミッションやボスを倒すことで、報酬は高くなる。ベネズエラ人プレイヤーの一部は、このRunescapeゴールドを、現実世界の現金や電子マネーなどに交換できるRMTサイトを通してビットコインに換金しているという。

●仮想通貨は世界をフラットにする

世界では至る所でハイパーインフレに苦しんでいる国があります。また国家体制がおぼつかない国があります。今まではそこに暮らす人々は諦めて運命を受け入れるしか、難民となって運を天に任すしかありませんでしたが、仮想通貨はそんな人々の一筋の光明となるようです。

仮想通貨の一番の存在意義はそこにあるんじゃないかなと思っています。世界中の人々を国家を超えてなんでもフラットにする力を持っているのが仮想通貨なんじゃないかなと思います。

じゃあそうなると国家なんていらない、決済は仮想通貨でいいやという国も誕生するかもしれませんね。そうすると誰が公共のインフラを支えるのか、社会保障を支えるのかという問題に直面しそうです。

2020年代の国家の課題は、そもそも国家としての成立要件を問う議論が巻き起こるかもしれません。

そんなわけで仮想通貨は、必ず伸びますね!





仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で