狙いのアルトコイン

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s

●回復力のあるアルトコインは?

9月の仮想通貨大暴落(大暴落と言っても25%程度なのですが)
その後の上値の重い回復で、今日現在、ビットコインは9月10日くらいの水準まで回復しています。
全ての仮想通貨は、ビットコインに連動して暴落して、その後、回復したのですが、一部の主要アルトコインで、回復力の早いアルトコインと、回復力の遅いアルトコインに別れました

●回復力の早い主要アルトコイン

・Zcash(ZEC)

com_exchange_tradeview_coincheck_zecjpy_p

なんと9月10日対比140%の上昇率です。
一時期は200%以上の上昇率でしたが、今日現在、少しは落ち着いているようです。
これは


韓国もまた仮想通貨の取引の多い国なのですが、その最大手で、世界最大規模の取引所であるBithumbに上場することが確定したからのようです。
取引量が増えると自然と値が上がるので、投機的に値上がった感じですね。

●回復力の遅い主要アルトコイン

・ライトコイン(LTC)・・・マイナス18%

・ビットコインキャッシュ(BCH)・・・マイナス19%

・Factom(FCT)・・・マイナス20%


ライトコイン(LTC)
は、チャーリー・リーという中国人が開発した仮想通貨で、マイニングがしやすく、中国での取引量が50%を占める中華仮想通貨だったので、もろに今回の中国問題が直撃した感じです。
元々、技術的にもビットコイン改良版の色が濃かったので、中国問題がひと段落して、元と仮想通貨の交換が許されるようにならない限りは上昇は見込めないと思っています。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、8月にビットコインと分裂した仮想通貨で、その誕生には中国のマイナー達の意見が多く絡んでいただけに、こちらも中国問題がひと段落しないと、上昇は見込めないかなと思っています。

Factom(FCT)の回復が遅い理由はよくわかりません。もともと値動きが荒い通貨だったので、調整期のような気がします。ここは短期目的で買うのも良いかと思い、ちょこっと購入してみました。

●草コインの動静は

相変わらず博打要素の強い草コインは、中には大高騰した草コインもありますが、大方はビットコインに連動し、大半は値を下げているのが多い情勢です。


●ということで今年後半は?

王様ビットコインにはいくつかの課題があるので、ビットコイン自体は上値は重いままなのでは?と考えています。
その分、主要アルトコインは、ついにビットコインの自縛を逃れて、独立した値動きを始めるアルトコインが出てくるのでは?と考えています。

狙いは個人的には

・Ripple(XRP)

・Ethereum(ETH)

あたりかなと思っています。



仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で