BTGは本物か詐欺か?

5ae7058e53b8ae80b03708275b04d6a6_s

●ビットコインゴールド(BTG)が誕生したが・・・

ビットコインゴールド(BTG)は、ビットコインがブロック491407に達した時点で分岐を行う予定だったので、10月24日10時過ぎくらいに、目標ブロックに達してビットコインゴールドの分岐が行われました。
これで11月1日以降、ブロック491407に達した時点でビットコインを保持していた人に、ビットコインゴールド(BTG)が付与される予定となっています。

●現時点では詐欺の可能性が高いかも?

しかしどうもこのビットコインゴールド(BTG)が怪しいという情報が絶えません。

・ビットコインゴールド(BTG)は運営側ですでに20万採掘済み

ビットコイン持ってなくて、事前に20万採掘するってズルくない?ということです。

・リプレイプロテクションが未実装


・コードテスティングに懸念がある

Bittrex(世界第三位の仮想通貨取引所)は、ビットコインゴールド(BTG)の上場・取引は行わないと発表しました。前述のリプレイプロテクションが未実装に加え、テスト用のコードも公開されていないなど、不透明な部分が大きいためのようです。

●その時、ビットコインの相場は?

ビットコインゴールド(BTG)の分岐後、ビットコイン自体の相場は一時的にですが急落しました。付与直前が1ビットコイン=70万円が、1ビットコイン=60万円への急落です。が、現時点では1ビットコイン=65万円まで回復しました。

●もしビットコインゴールド(BTG)が詐欺グループならば

8月のビットコインキャッシュの分裂が、事前予想に反してその後、両コインとも高騰したので、今回もビットコインゴールド(BTG)の誕生で、おまけコインがもらえてラッキー!的なムードが広がりました。しかしビットコインゴールド(BTG)を主導していたグループが、この間のビットコイン自体の相場を読んで売買を行い、さらに事前採掘したビットコインゴールド(BTG)20万を、11月以降、取り扱う取引所でビットコインにガンガン戻した場合、大がかりなビットコイン詐欺事件になる可能性が無きにしも非ずです。
もともと詐欺グループは、ビットコインゴールド(BTG)の価値なんてどうでもよくて、だからテクニカル的に危うく、テストコードも公開せず、詐欺なので詐欺った後は、後は野となれ山となれ・・・的な考え方をもししていたら大変なことになります。
今はまだその可能性を排除できない段階です。

●仮想通貨市場はまだまだ未成熟だからこそ

仮想通貨はこのようにまだ未成熟部分も多々あります。
しかし、もし仮にここでビットコインゴールド(BTG)が詐欺だったとしても、そういう事例として記憶され、次回以降は同じ過ちを繰り返さない糧となるでしょう。
なので、もし11月以降、ビットコインゴールド(BTG)が詐欺!だったとして、特段驚かず、粛々と、むしろ前より健全化して仮想通貨市場は保たれていくと思います。




仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で