Segwit2xを乗り切れるか?

999342d2ed02454e5f872c209bb611ee_s

●上値の重いビットコイン(BTC)

80万円台前半でウロチョロしているビットコイン相場ですが、やはりSegwit2x問題を1週間後に控え警戒感が広がっている雰囲気があります。今までのハードウォークと異なり、オリジナルのビットコインの価値を著しく損傷していまうもしくは無価値にしてしまう可能性もあるSegwit2x問題がゆえに、警戒心は高いようです。

●アルトコインに流れる資金

Segwit2xの前に、安値になっているアルトコインへ避難させておく向きもあるようです。Factom(FCT)は9月の中国問題以降、一番回復してないアルトコインでしたが(コインチェックの中ではという意味で、アルトコイン全体ではまだまだ9月の中国問題以降、回復してないアルトコインがほとんどです)、ここ数日で少し値を戻しました。

●それでも時価総額が高いビットコイン(BTC)

それでも仮想通貨市場の時価総額でビットコイン(BTC)は過半数を超えています。


引用
コインマーケットキャップによると、ビットコインの時価総額が全仮想通貨の時価総額(1550億ドル=約17兆4100億円)に占める割合は52%と、6月の38%から上昇した。

●各取引所の公式声明に注目!

Segwit2x問題が後1週間で起こる前の嵐の前の静けさのような状況です。
Segwit2x問題に関する公式声明は、日本の取引所ではコインチェックくらいしか出していないので、ここ数日で各取引所が出す公式声明いかんによっては暴落の可能性もあると思っています。
とは言えなんだかんだと乗り切るような気もしてます。
噂で相場があれる瞬間もあると思いますが、暴落の可能性が低いようなら、このままホールドでいいんじゃないかなと思っています。



仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で