億り人への挑戦!ビットコイン仮想通貨研究所~ぜろびっと

にわか仮想通貨投資家ぐるぐるの仮想通貨研究所。 ビットコイン相場の裏側を読み、今後を予想します。アルトコインや草コインにも投資中! 文系人間的な概念論で、仮想通貨を深く考えながら、分かりやすく仮想通貨を探求していきます。

アルトコイン

ビットコインキャッシュ(BCH)時代!?

2018年の仮想通貨界基軸通貨はこれだ!


999342d2ed02454e5f872c209bb611ee_s


●ビットコイン(BTC)の死角

仮想通貨界の王者はビットコイン(BTC)ですが、本当にいつまでもビットコイン(BTC)は王者でいられるのでしょうか? そんなわけでビットコイン(BTC)の死角を探してみました。

●ビットコイン(BTC)下落の原因は?

ここ1週間くらいビットコイン(BTC)が低迷しています(160万円前後)。人によってはこれをクリスマスセールと言っている人がいますが、原因はどんなのがあるのでしょうか?
まず目に見えて分かるのが送金手数料の高騰です。


 ビットコイン取引所国内大手のbitflyerとCoincheckはそれぞれ、ビットコインの送金手数料を12月25日までに値上げした。
 bitflyerは0.0015BTC(約2400円/1BTC=160万円換算)と、従来(0.0004BTC)の4倍弱、Coincheckは0.002 BTC(約3200円/同)と、従来(0.001BTC)の2倍に。両取引所とも「ネットワークの混雑に伴う一時的なもの」としている。

これは何も取引所が儲けているわけではなく、送金手数料を上げないとマイナーたちがマイニング作業をせっせとしてくれないからになります。
これほどまでに送金手数料が高額になると、従来から言われていたデジタル通貨としての側面をビットコインは完全に放棄したことになります。事実、ビットコインのデジタル決済を中止し、他の仮想通貨に乗り換える所が出始めています。
この混雑は一時的なものとはいえ、送金手数料が千円を超えるのが常態化すると、使いにくい通貨になってしまいます。

ビットコイン(BTC)下落の原因は他にもあると言われています。12月に入りビットコイン(BTC)に占めるJPYの比率が下がり、USDが増えています。日本は年末になり税金のための換金売り状態なのかもしれません。

●死角を解消する仮想通貨は?

ビットコイン(BTC)の送金手数料の高さや送金詰まりを解決するために続いているランナーが、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)になります。

送金手数料を調べてみると

ビットコインキャッシュ(BCH)・・1円程度
ライトコイン(LTC)・・30円程度

とビットコインキャッシュ(BCH)が優勢でした。

●ビットコインキャッシュ(BCH)が来る!?

ただビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)と同じくマイナーの都合に左右されるところがあります。そこが疑念だったのですが、実は今までビットコインキャッシュ(BCH)は、米国の市場には上場していなかったのですが、つい先日、上場を行いました。何でも米国での仮想通貨上場の法律は相当に厳しいそうで、ようやく認められたそうです。
そうなると、ちょっとビットコインキャッシュ(BCH)に勢いがつくのではないかなと思っています。

●そんな訳で現在のポートフォリオ

そんな訳で現在のポートフォリオですが、前回のブログから変わって、ビットコインキャッシュ(BCH)に乗り換えいちゃいました。ただコインチェックで乗り換えるとかなりの手数料をコインチェックに取られるので今後はちょっと考えものかなと思っています。
今月は若干お小遣いに余裕があったので少し日本円を投入して

bitFlyer(ビットフライヤー)
BINANCE(バイナンス)・・中国の日本語対応取引所
Bittrex(ビットレックス)・・米国の取引所

に資金を投入しました。
BINANCEとBittrexはこれからポートフォリオを動かす予定です。
bitFlyerはモナーコイン(MONA)とビットコイン(BTC)をセットしました。

とは言え以前、分散投資はしないと書きましたのでが、現状70%はビットコインキャッシュ(BCH)に張っています。



仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインキャッシュ(BCH)高騰の裏側

ビットコイン(BTC)に挑めるか?

20170719203315

●ビットコインキャッシュ(BCH)が使える所

ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰を保ったままですが、ビットコイン(BTC)と違って、ビットコインキャッシュ(BCH)は、世界的に見ても使える店舗が殆どありません。つまり現状、仮想通貨のための仮想通貨でしかないことが分かります。

●ビットコインキャッシュ(BCH)の優位性

もちろんビットコインキャッシュ(BCH)が技術的に優れている所は沢山あります。ビットコイン(BTC)の送金スピードがどんどん低下していく問題に対して、ブロックサイズの拡張で解決を図ることを目指した、いわばビットコイン(BTC)の長男のような通貨なので、上手く欠点を補った通貨であるとは言えます。ただ現実問題として、実際に使えるところがあるわけではありません。

●ビットコインキャッシュ(BCH)と韓国ウォン


全体的に相場は高騰したままでありながら、実はビットコインキャッシュ高騰時、韓国ウォンは6割のシェアを占めていたそうです。現状は25%程度だそうです。ただビットコイン(BTC)自体の取引量が増加したことから、このビットコイン部分の国別のシェアは分からないので、韓国で韓国ウォン→ビットコイン(BTC)→ビットコインキャッシュ(BCH)という流れもあるかもしれません。

●マイナーもビットコインキャッシュ(BCH)へ

ビットコインやその子供たち(ビットコインキャッシュ、ライトコインなど)は、マイニング向きの通貨です。世界中のプロマイナー達が、電気代の安い地域で専用マシーンをガンガン働かせてマイニングしています。Segwit2xが中止される前まではビットコインのマインイング一辺倒だった傾向が、急にビットコインキャッシュのマイニングに切り替えたようです。おかげでビットコインの送金詰まりは悪化し、ビットコインキャッシュ(BCH)の高騰の要因になりました。
ただ現時点では、ビットコインキャッシュ(BCH)が高騰しすぎて、ビットコイン(BTC)をマイニングしたほうが費用対効果が良い状況にもなっているようです。

●ビットコイン(BTC)VS ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードウォークが終わり、マイニングの難易度調整が行われました。この結果、プロマイナー達が採掘をどう割り振っていくかも今後の相場に影響しそうです。
とは言え、一時期、ビットコイン(BTC)がショック下落状態だったところからジワジワ上昇しつつあります。アルトコインは、それぞれに魅力があるとはいえ、現実的にはビットコイン(BTC)がゆるぎない強さを持っています。
個人的には、ビットコインキャッシュ(BCH)のハードウォーク祭りは終了、ビットコイン(BTC)がジワジワ上昇してく傾向と読みますが、さてどうなりますか?



仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインゴールド(BTG)誕生!

BTGは本物か詐欺か?

5ae7058e53b8ae80b03708275b04d6a6_s

●ビットコインゴールド(BTG)が誕生したが・・・

ビットコインゴールド(BTG)は、ビットコインがブロック491407に達した時点で分岐を行う予定だったので、10月24日10時過ぎくらいに、目標ブロックに達してビットコインゴールドの分岐が行われました。
これで11月1日以降、ブロック491407に達した時点でビットコインを保持していた人に、ビットコインゴールド(BTG)が付与される予定となっています。

●現時点では詐欺の可能性が高いかも?

しかしどうもこのビットコインゴールド(BTG)が怪しいという情報が絶えません。

・ビットコインゴールド(BTG)は運営側ですでに20万採掘済み

ビットコイン持ってなくて、事前に20万採掘するってズルくない?ということです。

・リプレイプロテクションが未実装


・コードテスティングに懸念がある

Bittrex(世界第三位の仮想通貨取引所)は、ビットコインゴールド(BTG)の上場・取引は行わないと発表しました。前述のリプレイプロテクションが未実装に加え、テスト用のコードも公開されていないなど、不透明な部分が大きいためのようです。

●その時、ビットコインの相場は?

ビットコインゴールド(BTG)の分岐後、ビットコイン自体の相場は一時的にですが急落しました。付与直前が1ビットコイン=70万円が、1ビットコイン=60万円への急落です。が、現時点では1ビットコイン=65万円まで回復しました。

●もしビットコインゴールド(BTG)が詐欺グループならば

8月のビットコインキャッシュの分裂が、事前予想に反してその後、両コインとも高騰したので、今回もビットコインゴールド(BTG)の誕生で、おまけコインがもらえてラッキー!的なムードが広がりました。しかしビットコインゴールド(BTG)を主導していたグループが、この間のビットコイン自体の相場を読んで売買を行い、さらに事前採掘したビットコインゴールド(BTG)20万を、11月以降、取り扱う取引所でビットコインにガンガン戻した場合、大がかりなビットコイン詐欺事件になる可能性が無きにしも非ずです。
もともと詐欺グループは、ビットコインゴールド(BTG)の価値なんてどうでもよくて、だからテクニカル的に危うく、テストコードも公開せず、詐欺なので詐欺った後は、後は野となれ山となれ・・・的な考え方をもししていたら大変なことになります。
今はまだその可能性を排除できない段階です。

●仮想通貨市場はまだまだ未成熟だからこそ

仮想通貨はこのようにまだ未成熟部分も多々あります。
しかし、もし仮にここでビットコインゴールド(BTG)が詐欺だったとしても、そういう事例として記憶され、次回以降は同じ過ちを繰り返さない糧となるでしょう。
なので、もし11月以降、ビットコインゴールド(BTG)が詐欺!だったとして、特段驚かず、粛々と、むしろ前より健全化して仮想通貨市場は保たれていくと思います。




仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

地味に進化するリップル(XRP)

リップル地味に進化中!

download

●ブリッジ通貨のリップル(XRP)

リップル(XRP)が地味に進化をしているようです。

引用リップル社によれば、メキシコの金融機関Cuallix社がリップルのXRPを経由して米国—メキシコ間の国際送金を成功させたという。XRPを利用した金融機関による国際間の実送金の第一弾となる。

XRPがブリッジ通貨として入って、実際の現金(USDとメキシコのペソ)の実送金を成功させたようです。

地味なニュースなのであまり取り上げられていませんでしたが、ビットコインとは異にして、リップル(XRP)が存在感を増す地位になっていっているんじゃないかなと考えます。

そういえば、9月後半くらいから、ビットコインの相場の動きと、リップルの相場の動きがあまり連動しないようになってきた気がします。

●与沢翼氏が1億円を投資

以前、ドバイの投資家の与沢翼氏がリップルに1億円投資したという話題がありましたが、氏いわく、ビットコインとアルトコインが連動しなくなった時が、そのアルトコインが仮想通貨としての真の実力を発揮する時であり、大きく成長する時期であるとコメントされていたかと思い、少しづつその兆しが見えているのかなと思いました。

●リップルのカンファレンスが始まります。

16日から3日間は、「SWELL」というリップルに関するカンファレンスが開かれます。
徐々にリップル(XRP)が、独自の地位を築き始める節目になるのではないかなと思います。

●でも爆上げはもう少しかかるかな?

「SWELL」で大きな動きがあれば、爆上げの可能性も・・・ただ冷静に見ると、リップル(XRP)が動きの遅い世界中の金融機関との連携が必要なので、爆上げはもう少しかかるかなと思っています。

が、余裕のある時は、是非、買い増しておきたいアルトコインです。




仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アルトコインの時代が来た!?

狙いのアルトコイン

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s

●回復力のあるアルトコインは?

9月の仮想通貨大暴落(大暴落と言っても25%程度なのですが)
その後の上値の重い回復で、今日現在、ビットコインは9月10日くらいの水準まで回復しています。
全ての仮想通貨は、ビットコインに連動して暴落して、その後、回復したのですが、一部の主要アルトコインで、回復力の早いアルトコインと、回復力の遅いアルトコインに別れました

●回復力の早い主要アルトコイン

・Zcash(ZEC)

com_exchange_tradeview_coincheck_zecjpy_p

なんと9月10日対比140%の上昇率です。
一時期は200%以上の上昇率でしたが、今日現在、少しは落ち着いているようです。
これは


韓国もまた仮想通貨の取引の多い国なのですが、その最大手で、世界最大規模の取引所であるBithumbに上場することが確定したからのようです。
取引量が増えると自然と値が上がるので、投機的に値上がった感じですね。

●回復力の遅い主要アルトコイン

・ライトコイン(LTC)・・・マイナス18%

・ビットコインキャッシュ(BCH)・・・マイナス19%

・Factom(FCT)・・・マイナス20%


ライトコイン(LTC)
は、チャーリー・リーという中国人が開発した仮想通貨で、マイニングがしやすく、中国での取引量が50%を占める中華仮想通貨だったので、もろに今回の中国問題が直撃した感じです。
元々、技術的にもビットコイン改良版の色が濃かったので、中国問題がひと段落して、元と仮想通貨の交換が許されるようにならない限りは上昇は見込めないと思っています。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、8月にビットコインと分裂した仮想通貨で、その誕生には中国のマイナー達の意見が多く絡んでいただけに、こちらも中国問題がひと段落しないと、上昇は見込めないかなと思っています。

Factom(FCT)の回復が遅い理由はよくわかりません。もともと値動きが荒い通貨だったので、調整期のような気がします。ここは短期目的で買うのも良いかと思い、ちょこっと購入してみました。

●草コインの動静は

相変わらず博打要素の強い草コインは、中には大高騰した草コインもありますが、大方はビットコインに連動し、大半は値を下げているのが多い情勢です。


●ということで今年後半は?

王様ビットコインにはいくつかの課題があるので、ビットコイン自体は上値は重いままなのでは?と考えています。
その分、主要アルトコインは、ついにビットコインの自縛を逃れて、独立した値動きを始めるアルトコインが出てくるのでは?と考えています。

狙いは個人的には

・Ripple(XRP)

・Ethereum(ETH)

あたりかなと思っています。



仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
↑仮想通貨、始めるなら「コインチェック」。セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。スマホアプリでサクサク簡単。
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
↑国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」。ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
リンク

↑買い物するなら「楽天」がお得!
参加ブログ

↑有名ブロガーも多数「ビットコイン」ブログ!


にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ オルトコインへ
にほんブログ村
↑カテゴリー別に「仮想通貨」ブログをチェック!
ビットコインアンケート