億り人への挑戦!ビットコイン仮想通貨研究所~ぜろびっと

にわか仮想通貨投資家ぐるぐるの仮想通貨研究所。 ビットコイン相場の裏側を読み、今後を予想します。アルトコインや草コインにも投資中! 文系人間的な概念論で、仮想通貨を深く考えながら、分かりやすく仮想通貨を探求していきます。

アルトコイン

注目のアルトコイン:リップル(XRP)

リップルが変える国際送金

download

●アルトコインの注目株リップル(XRP)

ぐるぐるは主要アルトコインの中では一番リップル(XRP)に注目しています。

リップルは、金融取引を実現するための決済プロトコルで、ビットコインのような法定通貨(円やドルなど)に取って代わる存在が目的ではなく、国際送金を高速に低コストで安全に処理できる仕組みとしての価値を目標としています。

●リップル(XRP)は国際送金の手段

リップル自体は決済プロトコルのため、法定通貨でも仮想通貨でも、1リップルで何でも送金できるようにするための手段です。

そのためリップル(XRP)は、既存の銀行システムを革新的に進化させるものとして期待されています。

国際送金というと縁が無いように思いますが、世界中には出稼ぎで他国に出ている人も多く、国をまたいでの送金は重要で、低コストで仕送りできるならそれに越したことは無く、また会社で国際送金に触れたことのある人ならわかるのですが、海外送金はめちゃくちゃ手数料と手間がかかるので、このコストが下げられるなら会社の利益も上がります。

●リップル(XRP)着々と進化中

9/1の日経新聞でリップルに関する記事が掲載されました。

記事によると
引用三菱UFJ銀は米ベンチャーのリップルが持つ技術を活用した新しい海外送金を18年初から始める方針だ。リップルで顧客間の海外送金を効率化

また「内外為替一元化コンソーシアム」というのをSBIが主導していて、そのコンソーシアムには国内の61行の金融機関が参加しています。

⇒「内外為替一元化コンソーシアム」参加金融機関 追加のお知らせ
~三井住友銀行、ゆうちょ銀行が新たに参加し、参加金融機関は61行に~:SBIホールディングス株式会社


と以上は国内の動きですが、世界中の銀行でリップルの採用の機運は高まっているようです。

●一芸に秀でたアルトコインは注目!

このように主要アルトコインには、ある意味一芸に秀でた仮想通貨があり、中長期的な視点での投資と考えた場合は、この様な目的性がしっかりしていて、実績も出つつあるアルトコインに投資するのが一番リスクが少ないかなと考えています。




仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2017年後半の予想

なぜ今、アルトコインなのか?

999342d2ed02454e5f872c209bb611ee_s


●仮想通貨は今や1000種類以上

仮想通貨は今や1000種類以上あると言われます。代表的なのは誰もがご存知ビットコイン(BTC)ですが、誕生したのは2009年で、仮想通貨の王者であることは今も変わらないのですが、ここまで巨大になると様々な問題も見えてきます。

●ビットコインの分裂騒動

法的な問題は別として、投資家目線での問題を考えると、技術的な問題があるようで、その一つが2017年7月のビットコインの分裂騒動、これを簡単に言うと国家が管理をしない仮想通貨は、技術問題への対応方法を巡って意見が割れると、仮想通貨が分裂することがあるようで、2017年7月の時はビットコインから、ビットコインキャッシュという仮想通貨が分裂して誕生しました。

この時は何故かうまいことに両方の通貨が高い価値を持ちながら共存し、しかもビットコインは、8月1日に1ビットコイン約30万円だったのが8月31日には約50万円までに高騰。ビットコインキャッシュも8月31日の時点で約6万円の価値を持ち、順調に価値を上げていきました。

●ビットコインはまだ大きな課題を抱えている

しかしビットコインは、年内はまだ2つの大きな問題を抱えています。

1つは2017年11月にもう1度ビットコインが分裂するかもしれない「SegWit2x」問題。簡単に言うとビットコインの市場が巨大化しすぎたために目詰まりを起こし始めているので、それを解決する手段として「SegWit2x」という技術を導入する話が出ているのだが、すんなり導入できるか分からないということ。7月の分裂騒動の時は、上手いこと分裂しつつも両者価値を持つという結果になったが、今回もそうなるとは限らない。

次にビットコインのマイニング(仮想通貨を採掘するという行為)の最大勢力、中国のマイニンググループが、ビットコインとビットコインの一卵性の双子のような存在であるビットコインキャッシュとのマイニングが、スイッチ一つで手軽に切り替えられることから、「SegWit2x」問題の情報で乱高下する相場をさらに荒らしてくるのではないかという懸念。

この2つによって、2017年後半は、ビットコインの相場は弱含みになるのでは?と思っています。

●主要なアルトコインの時代の到来か?

そこで2017年後半は、主要なアルトコインの時代かなと思っています。
アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことを指しています。とは言え現在、ビットコイン以外の仮想通貨は1000種類以上あり、箸にも棒にもつかないコインも多数あることから、ここでは「コインチェック」が扱っている主要な12種類に限定したいと思います。

ビットコインで始まった仮想通貨時代が、そのアルゴリズムや手法にそれぞれ特徴を凝らした仮想通貨が出始めているので、その方が時代の流れに合うのでは?と思うからです。




仮想通貨、始めるなら「コインチェック」

セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。
スマホアプリでサクサク簡単。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」

ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
↑仮想通貨、始めるなら「コインチェック」。セキュリティ万全、アルトコイン取扱12種類。スマホアプリでサクサク簡単。
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
↑国内ビットコイン取引量No.1の「ビットフライヤー」。ショッピングサイトとの連携で、商品購入でビットコインがもらえる!
リンク

↑買い物するなら「楽天」がお得!
参加ブログ

↑有名ブロガーも多数「ビットコイン」ブログ!


にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ オルトコインへ
にほんブログ村
↑カテゴリー別に「仮想通貨」ブログをチェック!
ビットコインアンケート